« 3月20日(金・祝)のお知らせ | トップページ | じゆう研究室 はじまります »

2009年3月19日 (木)

米、文字

打ち合わせで麻布十番のカフェに行ってきました。
そのギャラリー&カフェにて今、秋田のお米のイベントをやっています。

Dsc09004

Dsc09005

とても素敵な入口のLabelさん。
http://www.label-creators.com

こめたび
http://www.kometabi.com/

「こめたび」は秋田のスーパースター農家の味を伝えるプロジェクト。イベント中は1合から計り売りで色々な作り手のお米を買うことができます。手産地の人の顔もよくわかり、どう作られているかを聞くとどれも食べてみたい、、、と思うのが人というもの。

Dsc09002_2

Dsc09003

私は結局1、2合づつ全員(8人)のお米を買いました。なんて贅沢。
精米もその場でしてくれます。我が家は玄米大好きなので、玄米4、白米3,黒米1の配分。
食べ比べが楽しみです。来月半ばまでやってますし、築地本願寺でのイベントもあるので、是非サイトへ、そして会場に足を運んでみてください。

Dsc08997
カフェで打ち合わせ前の腹ごしらえ。
もちろんお米は「こめたび」の中のもの。もっちもちで美味しい。

Dsc09000
そして打ち合わせ開始。
カフェのチーズケーキもコーヒーも絶品!って、食べてばっかりのようですが、、、
まじめに打ち合わせはしてます。(全員で各々目線で写真をとってみた)

Dsc09007
夕暮れ時、うっすら窓に映りこむのがまた素敵。

その後、お世話になっているモジトルさんが参加されてる展示を見に羽ペン工房へ。
J-LAF主催:「ブリュージュEast Writes West展 in 東京」
いつもお伺いしたいと思いつつ、やっと行くことができました。

http://j-laf.org/ 
http://www.geocities.jp/calligraphyexhibitioninbruges/

今回のはベルギーで開かれた展示の東京展。
運良く、その場にいらした先生方の制作話しを聞くことができました。
手で書く文字は、また活版のようにきっちりと出来た文字とは違い、新鮮なものでした。ワークショップで二つの文字を組み合わせて新しい文字を作った作品、文字を分解して可読性はあまりないけれど美しい作品、そしてどれも芸術的な構成。本当に素敵なものばかりでした。もっと知りたくなります。

会場は二つ。残念ながら喫茶は注文しないと見ることができなかったので、時間がなくあえなく断念。活版もカリグラフィを元に作られたスクリプト文字などがあります。人の手によって産まれる文字というのは一緒ですが、書いたそのままはまた違った暖かみを感じます。是非、お時間をとって展示に行ってみて下さい。

 


|

« 3月20日(金・祝)のお知らせ | トップページ | じゆう研究室 はじまります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月20日(金・祝)のお知らせ | トップページ | じゆう研究室 はじまります »