« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

春に向けて

ここ数日は寒いですが、あっという間に2月が過ぎようとして少しづつ春は近づいてきている気がします。私は毎年年始に決め事がひとつ。それは「確定申告が終わるまで新作は作らない」です。なのに未だ終わってなく、そのくせに次ぎに作りたいものがどんどんたまっていく一方。早くしなければ。

そんな冬期間から春に向けて、虎視眈々(?)と計画が動き始めています。5月は連休終わり〜のアトリエ1Fでのイベントも決定し、5,6月ではその他のイベントも準備が始まりつつあります。暖かくなると何かしなければいけない、と思うのでしょうか。活版印刷での約物活字・コースターも新たに作っている所ですし、違うデザインのも作りたいですし、カードに色々、活版印刷でないものも思案中。多分全部はできないでしょう、と頭の中だけが今盛り上がっている状態です。

その前に3月には木活字のワークショップをまたやります!連休の3/20(祝)。印刷機を使うときには一度に一色しか使えませんが、自分なりのグラデーションやレイアウトを考えられるのも魅力です。合わせて通常クラスの4月の前半の予定もアップしましたので、こちらをご覧下さい。

我が家の周辺にいる1歳弱のきょうだい猫。撮っている間微動だにせずこのポーズ。猫ものんびりお昼寝できる季節までもう少しです。

Dsc08935

| | コメント (0)

2009年2月24日 (火)

ヘルベチカ展

現在銀座のggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)にてヘルベチカ展が開催されています。先週の土曜にそのイベントの一つとして開かれた、ギャラリートークに行ってきました。
講師は小泉均さん、小林章さん、嘉瑞工房の高岡重蔵さん、高岡昌生さんととても豪華な4人の先生方。70人の定員を越して立ち見が出るほど多くの方がいらしてましたが、トーク内容はとてもわかりやすく楽しい内容でした。

『Helvetica forever』の本の監修をされた小泉さんからは、どうしてこの書体を選んだかなど、高岡重蔵さんからはヘルベチカが日本に入ってきた時のお話、小林さんからは欧州などでの使用例などを主にお話されました。時間があれば4人のお話をずっと聞いていたいと思うほどの豊富な内容でした。

中でも私的に興味深かったのは「モンセンの見本帳」のお話。

デザイン事務所に勤めていた時に、社長に「モンセンの見本帳こそ会社の宝」とまで言われ、せっせとトレースしたりコピーして切り張りをしていました。ロゴを作る=モンセンの見本帳からというほど私がいた事務所は使っていたのです。それが、、、これはアメリカの会社の活字の見本帳で、そのようにロゴを作るときのロゴの元として使っていたのは日本ぐらいだったとか。しかも赤いファイルはレプリカ。。。社長は知っていたのだろうか、今度聞いてみたいです。


1時間半ととても短い時間でしたが、貴重なお話をお聞きでき、終了後このイベントを教えていただいたカリグラファーの星さんにお会いし、小林さんに緊張しつつご挨拶させていただき、高岡さん、カリグラファーの立野さんともご挨拶ができて、素敵な時間を過ごしました。


ヘルベチカ展は残念ながら時間がなくて見ることが出来ませんでした(今週も行けない。。)28日までですので、お時間あるかたは是非。

| | コメント (0)

2009年2月23日 (月)

自分の名刺

アトリエを開いてもうすぐ半年近く、というのにやっと自分の名刺が出来上がりました。

Dsc08933

去年の11月には版は出来ていて、他に作る物があったから後回しにしていたのもありますが、色々悩んでいた所もありました。一番悩んだのは自分の肩書き。活版に関することを入れるかどうか、と考えたのですが何て言えば良いだろう、職人ではないし、あくまでデザイナーとしてフィニッシュまで行っていると言った方が合っているし、でもクリスタさんにも「デザイナーだけでなくて組版工でもあるでしょ!」と、、いろいろ考えり周りに相談した末、結局今まで通りアートディレクター、デザイナーに落ち着きました。裏にはGrafik&Handsatz(グラフィックと活版組版)と入れ、最終的に自分で気に入ったものになりました。

名刺は顔ですし、明るい印象にしたかったのでロゴと肩書きはオレンジよりの黄色。紙はアラベール・ナチュラルとロベール・ホワイトの両方で刷りました。次ぎの時にはまた違う紙にしようか思ってしまいます。

もう一つ、以前ショップカードとして使っていたカードも刷りました。

Dsc08930

こちらは今DMがあるので、ワークショップのポイントカードほかに使う予定です。そしてタイミングよくDMが切れました。。。制作は続きます。

| | コメント (0)

2009年2月20日 (金)

健康

先週のウィルス性の風邪は思った以上にやっかいで、今週までズルズルと引きずってしまいましたがやっと復活することができました。やはり健康が一番。ここ数ヶ月さぼってしまっていたスポーツを復活させて、免疫力をつけなければいけないですね。
私の場合、食欲があるかないかが自分の健康のバロメーターとなっています。
今回は話せない・水も飲めない喉の激痛により、まったく食べれなかったのですが、治ればその分を取り戻すように食べているので何の問題もありません。食べれないと人生つまらないですね。

先日、「食べないとやる気が出ないタイプか、それとも食べることよりやることに夢中になるタイプか」という話しになりました。私は完全に前者。エリック先生は後者。その他のメンバーは前者。食べないと何もできない私です。腹が減っては戦はできぬ。

というわけで、本日・明日とワークショップありますが、ご参加の皆さまも3時間近く食べれないので、何かしら食べてきて下さいね!(特に夜クラスは時間がなければ、最初にパンとか食べてても良いですのでご遠慮なく。)

| | コメント (0)

2009年2月10日 (火)

予定変更のお知らせ

明日2/11(祝)に臨時営業を予定していたのですが、都合によりお休みいたします。
普段、祝・日とお休みなのでどうしても開けたかったのですが、、、
急性感染喉頭炎(←子供がかかる病気だとか)にかかってしまい、明日あたりまで声も出せないので申し訳ございません。木曜には大丈夫になるだろうと言われたので、今週末はいつも通り開ける予定です。
どうぞ、よろしくおねがいいたします。

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

Beyer

Dsc08516 itohenさんにその後連れて行っていただいたブックカフェ「Beyer」さん。1Fでは欧州などから買い付けた本が並び、2Fではゆったりとお茶が飲めるカフェになっています。カフェでは色々なデザイン本も見ることができ、時間があればのんびりしてしまう素敵な雰囲気の場所です。

Dsc08515

吹き抜けになっていて、開放感のある空間。

Dsc08519


2Fはソファにカウンター席もいくつかあります。

Dscn0262

ご一緒した大阪在住の方も「こんな素敵な所が大阪にあったとは」と驚いていました。本当に近くにあったら通いたいお店です。Beyerさんのショップカードも活版印刷、奥にはデザイン事務所も併設されています。お近くの方は、是非行かれてみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------------------------------------

beyer
〒543-0014 大阪市天王寺区玉造元町14-25
06(6625)8915
www.beyerbooks-pl.us
open 12:00〜20:00

| | コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

itohen

Dsc08511

昨年10月末にクリスタさんと訪問した大阪のitohenさん。前々よりお世話になっていたので行きたいと思っていたお店で、色々な方から「とても落ち着く楽しいお店だよ」とは聞いていました。

その通り、時間があったらずっと見ていたい、そして買いたい物がいっぱいあるセレクト本屋さん。奥にはギャラリーもあり、真ん中にある大きくて落ち着ける木のテーブルでは、コーヒーなど飲めるカフェでもあります。デザイン事務所SKKYも併設されていてDMを始め様々なデザイン業務を代表の鰺坂さん・角谷さんとでされています。

Dsc08510_3

Dsc08509

左:フリーゲンコプフの本が並びます。つい手が伸びてしまいそう。

右:ルフトカッツェの栞のセットと今は絵本「くろねこと12か月」も取り扱って頂いてます。

じっくり本も見たかったのですが、この日は皆でのご挨拶と時間もあまりなかったので、次回はゆっくり本を吟味しにいきたいと思います。

この日はドイツにいたCさんとクリスタさんとお邪魔し、itohenの角谷さん、オーストラリア出身・大阪在住デザイナーのダンカンさんにその後もご案内していただきました(その節はありがとうございました)。ダンカンさんはクリエイター向けの英語の先生もされているそうですが、日本語も堪能。大阪にいればレッスン受けたいです。

Dsc08508

そのダンカンさんのブログにこの時の事が事が詳しく書かれています(英語)。Superカードを気に入ってくださり、事務所に飾ってくださってるそうです。(ありがとうございます!)

itohen編
http://tsunagarid.blogspot.com/2008/11/itohen-north-osaka.html

A Visit from Germany編
http://tsunagarid.blogspot.com/2008/11/visit-from-germany.html

彼は色々な所をめぐって「D」という繋がりで輪を広めています。人との繋がりはどこから生まれるかわからないので、本当に楽しいですね。

今年もう一度大阪には訪問したいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------

いとへん Books Gallery Coffee
        open 12:00-19:00 月・火曜 定休日
        〒531-0073 大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
        Tel 06-6292-2812 Fax 06-6292-2789 
        E-mail ito_hen@skky.info

| | コメント (0)

2009年2月 5日 (木)

2月/3月の予定

スケジュールの変更など、お知らせいたします。(新しい記事はこの下にあります)

 ・通常営業
 毎週 金・土 14:30〜20:00(2月より両日20時までとなります)

 3/20(木・祝) 木活字ワークショップ受付中
 WSの予定はコチラ


・2/28、3/14(土) お休み致します(WSのみ開きます)。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年2月 4日 (水)

猫map

Lkmap_g

猫をロゴにしてますので、私はもちろん猫好きで猫写真を撮るのが趣味ですが、アトリエに来て下さる方も猫好きの方がとても多いです。事務所に猫は欲しいですが、、、今のところ活字を崩されては仕事にならないので見合わせています。でもこの古い建物に猫がとっても似合うんですよね。

実はオープン時に仔猫をどうですか?というお話があり、エリックと名前まで付けて盛り上がりました。いつかは、という野望は心に秘めております。

DMの裏にもある荻窪からルフトカッツェへの地図。特にお伝えしておりませんでしたが、気が付いた方々には「このマークは猫ですか?」と聞かれます。はい、その通りです!最近寒いので、大半の猫たちは見ることができませんが、大抵よくいる所に印がついてますので、来られる時にはチェックしてみてください。COOPの隣は酒屋さんの中にいます。ちょっと変わった柄の三毛のみーちゃんと黒猫たち。この酒屋さん、普通ドイツのレーベンブロイはノンアルコールを置いてある所が多いのですが、ここは普通のビールを売っていますので、お酒好きな方は寄ってみてください。

残念なのが、触れる猫が少ないこと。でもよく目の前の動物病院に来る猫が、診察台からこっちを見て目が合います(フランス語教室からでないと見れませんが)。猫にはやはり癒されます。

川にはカルガモもいます。時にはタヌキにカエルもいることのありますので、その時にはあまり驚かないでくださいね。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »