« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月26日 (水)

Christmas(Xmas) Markt

2008markt_2

昨年、「KAPPAN Xmas Markt」というのをアトリエ・ハコで開いて約一年。その時には2Fにアトリエを作ることになるとは、全く思ってもみませんでした。縁あって始まった「マルクト」を一年の感謝を込めて今年も開きます。9月にアトリエ開設以来、毎週金・土に開いているお店が3日間、1Fのギャラリーに降りてきます。印刷機はおろすことができないのですが、1Fと2Fでのワークショップをはじめ、雑貨・年賀状・クリスマスカードの販売、年賀状など制作受付、限定品もございます。お忙しい時期とは思いますが、是非遊びにいらしてください。


<XmasMarkt LUFTKATZE>

2008年12月12(金)〜14(日) 12:00〜19:30の3日間



■活版ワークショップ ※要予約(お茶菓子付き)

・12/12(金)19:30〜22:00 「欧文で組版」 定員3名 残1 
2Fのアトリエで欧文を中心としたハガキサイズのカードを作ります。
一度どこかで活版を体験したことがある方を対象にしています。
料金 ¥4,200/枚数  ハガキサイズ15枚


・12/13(土)13:00〜16:30「木活字でカードを作る」 定員4名
     14(日)
13:00〜16:30「木活字でカードを作る」 定員4名 

Photo特別企画として、1Fにてドイツからの貴重な木活字を組んでプレス機で刷り、鉛活字で一言・2Fの手きんで印刷します。木活字のときに色は好きな色を作り、初めての方でも、他でワークショップに参加された方でも楽しめます。

| | コメント (0)

2008年11月24日 (月)

ありがとうございました/月光荘展示

Dsc08597

本日で月光荘の展示が終了いたしました。
お越し頂いた皆さま、ご覧になってくださった皆さま、
ありがとうございました。

1週間、銀座という場所で
この猫たちをご紹介できたことが、とても嬉しく思います。

メッセージボックスにも、お手紙ありがとうございました。
心に響きながら、全て読ませていただきました。
本当にほんとうに嬉しいです。

DMも置いた分は全てなくなり、途中からお渡しできなくてすいません。実は日付を間違えたもので100枚くらい刷ってしまっているので(印刷はきちんと出来ています)、そちらは今後アトリエでお渡ししたいと思います。

最終日、せっかく昼間にいったので写真を撮る予定が、また忘れてしまいました。
また、新しい物を作って月光荘さんでお披露目したいと思います。

本当に、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2008年11月22日 (土)

ワークショップの様子

活版ワークショップは今週で何度目かになるのですが、私一人で対応しているので最初は写真を撮ろうと思っていても、説明をし出すとすっかり忘れてしまい一度も自分で撮れていません。。。と、今回生徒さんから写真をいただいたので(ありがとうございます!)様子をご紹介いたします。

基本編は、基礎の基礎、活版とな何ぞやから道具の細かな説明、練習をしながら活字を組んでいきます。説明だけで半分近くの時間を取るので、「しっかり基礎を知りたい!」という方には良いクラスで、「とにかく楽しく体験したい!」という方にはその他の企画物のワークショップをお薦めしています。どっちも楽しいと、思います、、、活字はどのクラスも基本的にひらがな・カタカナ・アルファベットのみを使用します。

今週は基礎編で、基本として使われる5号(10.5pt)でカードを作ります。数種類の紙から選んで説明後、最初は真ん中のテーブルで組みの練習。その後原稿を作って各々オリジナルのものを作ります。原稿も説明を聞いてから作っていただくので、皆さんいろいろ悩んで考えます。ここからは植字台・活字棚とで立って作業をしていきます。
20081120381


小さい部屋なので4人でいっぱいです。出来た方から印刷に入ります。色は皆さんで4色の中から決めて貰って刷っています。今回は「○○さんが勝ったら何色」と決めて3人でジャンケン。黒に決定。
20081120386

やや時間オーバーになってしまいましたが、夜遅くまで皆さまありがとうございました。
こんな感じで開いています。面白そう、と思われたら是非一度いらしてください。12月は12〜14日までマルクトなので、企画物を考え中です。

道具その1:組みゲラ
エリック先生と作りました。
Dsc08580


道具その2:カードフォルダー
紙で作りました。名刺サイズ・ハガキサイズと使えます。
Dsc08604

| | コメント (0)

2008年11月17日 (月)

活版ワークショップ募集

11/29(土)13時〜16時のワークショップに空きがでましたので、再度一名募集致します。また12月の予定もアップしてますので、こちらをご覧下さい。

初心者編 クリスマスカード 11/29(土)※募集終了。ありがとうございました。
活版の全体の流れや基本を通して、活字を組んでカードを作っていきます。
赤・緑・白と紙はご用意いたします。

絵柄は事前に送って頂き、それを樹脂版として用意しておきます。
1色刷りです。

料金 ¥5,000(+樹脂版代約500円)
枚数 20枚 紙は用意いたしますが、ご希望のがあればお持ち下さい。                          

お申し込み:
氏名・住所・当日連絡できるTEL・活版の経験の有無・ご職業を明記の上、「活版ワークショップ申し込み」とお問い合せ/下記へご連絡ください。
メール  luftkatze@gmail.com(またはお店の日に03-6276-9773までご連絡ください)

| | コメント (0)

くろねこと12ヵ月/月光荘展示

本日11月17日(月)〜23日の一週間、銀座の月光荘入口ショーケースにて、絵本「くろねこと12ヵ月」を断裁前の状態ですべて展示しています。
Dsc08588

昨日搬入してきました。銀座の真ん中で24時間、普段はめくって見る絵本が一面で見ることが出来ます。
お店はホルンのマークが目印。奥は素敵な画材屋さん、地下や周辺にも月光荘のギャラリーがありますので、他の展示やオリジナルグッズなども見に、是非お立ち寄りください。また、展示の下にはメッセージボックスがありますので、いらして下さったりお問い合せなど、備え付けの紙に書いて投函してください(この箱に入れられた内容は、私だけ見ることになるそうです)

Dsc08587
Dsc08590

この作品は今年の5月「エホン・ミホン・テホン展」の時に制作してものです。展示会特別の箱セットと製本が完売したので、現在新しい箱と製本を制作中。年内と年始は期間限定の箱になる予定です。
DM↓も用意しましたが、ギリギリの出来上がりなので発送はせず、月光荘レジ前とアトリエに置いてありますので、いらしたときには是非お持ちください。片面活版での制作です。

Dsc08592_2 日本の12ヵ月を色で表し、擬音などを混ぜた言葉と共にクロネコが一年めぐるお話。カルタでも、紙芝居でも、本として読んでも楽しめるように作っています。12ヵ月を色で表しましたが、日本でなければきっと他の色になると思いますし、他の人の印象は違う色かもしれません。なので、表紙の「12」とDMのバックの数字は白。皆さんはどんな色にしますか?

「くろねこと12ヵ月」展
11/17(月)〜23(日)※最終日は16時まで
月光荘 小画箱(入口ショーケース)24時間

中央区銀座8-7-2 永寿ビル1F 03-3572-5605
画材店営業時間 11:00〜19:00 無休
※週の何処かで現れるかも知れませんが、、外での展示のため在廊日はありません。

| | コメント (0)

2008年11月11日 (火)

帰国〜ありがとうございました

月曜日、クリスタさんが成田を発ちミュンヘンへ帰国の途となりました。
あっという間の日本の滞在。クリスタさんも日本で充実した日々を過ごせ、「皆さんによろしく伝えてね」と仰ってました。

訪問先でお世話になった皆さま、「TypoGrafik」にいらしてくださった皆さま、お手伝いしてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

11/6のイベントは沢山の方々がいらしてくださり、とても楽しい時間となりました。
0_imgp2160  
最初にクリスタさんに彼女の今までのこと、作品のことなどのお話をお聞きしました。インタビューの時のみ突然私が日本語しか話さないので、最初すごく戸惑った顔でクリスタさんは私を見ていましたが、すぐ慣れて色々話してくれました。通訳は義母にお願いしました。


0_imgp2216_3 その後、作品を直接ご覧いただき、クリスタさんがドイツから持ってらしたお菓子を頂きながら団欒。あのお菓子はクリスマスには早いけどお店に特別にお願いして持ってこられたそうです。活版を仕事にされている方から、今回初めて見るという方まで、様々な方々がこの場に集まりお話できたのがとても嬉しかったとおっしゃってました。(家族とアトリエ・ハコの皆さんにご協力いただきました)



所狭しと並んだ作品。どれも美しいものばかり。
彼女の作品で埋め尽くされ、とってもとても幸せな空間でした。
0_mgp2072_3 0_mgp2227

新作のカフカの本(左の青い本)はものすごい長い時間をかけて作られた物。試行錯誤を繰り返し、曲線を出すのにとても苦労されたそうです。その分思い入れもあり、展示準備中に「カフカ見てくれた?早く見て!!」と嬉しそうに言っていたのが印象的でした。

私自身、彼女の作品がとても好きで好きで、少しでも紹介できたことを嬉しく思います。
↓準備中のときのクリスタさん
0_imgp2135

ちなみに今回の作品のお値段は今のユーロの値段でつけたので、今後ないと思われます。

大阪で再会した日から、お別れする日まで、とても元気で寝るまで話しをしていました。ブックメッセの直後にいらして、帰国してからもすぐイベントがあるそうで、エネルギッシュさには脱帽です。そして別れ際必ず「あなたは次ぎ何作るの?」と聞かれます。休んでいられませんね。

本当に楽しい二週間でした。今一度、御礼申し上げます。
次は大阪・京都をご報告します。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »