« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

いろいろなイベント

不安定な天気が続く毎日、ちょっと怖いですね。
皆さまも足下お気を付け下さい。

もうすぐ8月も終わって9月間近。
周りのクリエーターの方々から展示会のご案内をいただき、皆とても精力的に活動なさってるのを見て、すごいな〜と思うととともに、自分もがんばらねば!と思っています。

8月はロマノ・ヘニ「活版印刷による本」の展示会も行きそびれてショックだったので、今回は自分もわすれないように3つほどご紹介致します。どれも活版とは関係ございませんが、私はとても楽しみにしているイベントなので、(食欲の秋に相応しく、食べ物系2つ)是非皆さんも足を運んでみてください。


その1. 『ねむりと感覚展 LOUPE vol.3』 
期間:8月26日 火曜日 〜 9月7日 日曜日(月曜定休)
場所:美篶堂(お茶の水)

Loupe2 エホン展でご一緒した、サンレオールの竹村さんの展示会です。
理学部だった竹村さんは、科学を身近な物へと伝えるため、デザインをアメリカで勉強されて現在主に科学分野をデザインして活躍されています。また、年に一回発行している「LOUPE」は女の子向けの科学雑誌。今回はvol.3の出版を記念しての展示会で、イラストの原画などを見ることが出来ます。(写真はvol.2でごみについて書かれています。身近ななるほどが詰まってます)



その2. 『ぬるものとはくもの展 その2』
期間:9月1日(月)〜9月7日(日)
場所:CORB cafe/market 13時〜22時

以前、アトリエ・ハコで開催された「ぬるものとはくもの展」のその2が湯島で開催。他では味わえないとってもとっても美味しいジャムの小匙さん、履き心地のよいスリッパを丁寧に作って下さるポルさん(私も前回作っていただきました)、喫茶や毎日変わる夜メニュー、物物交換会など、盛りだくさんなメニューにいつ行くか迷ってしまいそうな、素敵な一週間です。

はくもの担当:ポル(手作り革スリッパ、革小物)
ぬるもの担当:小匙(無添加ジャム、喫茶、料理)
ご協力くださる方々
西脇一弘(絵)、海月書林(古書)、久嶋健嗣(イタリア料理)
nico(ロシア料理監修)、谷中ボッサ(ケーキ)※順不同・敬称略



3. 『トマト祭り』
期間:9月6日(土)、9月7日(日)12時〜(売り切れ次第終了)
場所:アトリエ・ハコ

50_3   いつもお世話になっているアトリエ・ハコさんは9月で一周年。それを記念して前々から計画していたお米の即売の前イベントとして、前日もぎたて・長野から直送の有機トマトの即売会を開催します。試食を頂きながら、1つからお分けします。是非お近くの方はマイバックを持っていらしてください。

※私も事前にお裾分けを受け頂きましたが、とても甘みがあって美味しい!ポスターのデザインは私が担当させていただきました。

| | コメント (0)

2008年8月27日 (水)

保存

先ほどIllustratorで作業してたら、嫌な動きと共にアプリケーションが落ちてしまいました。そんな時にかぎって熱中して保存し忘れ。

コマンド+Sは基本!と思いつつ、たまにやってしまうのです。

今は自動保存機能というのもあるので、まっさらまでは行きませんが結局かなり戻っての作業となりました。その後友人のサイトに行ったら「保存した?バックアップとった?」の文字。ぐっさり刺さりつつ、「はい、忘れました」と心の中で言ってしまいました。

そういえば、Photoshopも今ではヒストリーで戻れますが、10年くらい前はヒストリーがありませんでした。一回しか「コマンド+Z」で戻れない。「え?そんなじゃどうすればいいんですか?」と先日新卒の子にびっくりされました。だから、途中経過のファイルがいくつもあり、これを忘れると大変だったのです。

しかし、活版印刷で「保存」を考えてみる。
「保存」というと出来上がった組版を解版せずに残しておく、って感じですが、今でいう途中での「保存」はありえないわけで、「間違った!」と途中に戻りたければ、そこまで手動で戻るわけだし、戻ったあとに「やっぱりさっきのが良かった」と思ってもやり直しなだけ。

途中経過をいくつも残すというのは、それだけの数の組版を最初から作らなければいけないし、その分のクワタも必要。今のデータを活版で同じだけバックアップを想像してみると、、、

そう考えると技術の進歩ってすごいな、と思ってしまいます。

ちなみに、私は少し変更して使わなければいけない組版や、手きんの位置を変えるときなど、紙におおざっぱに書いておきます。絵のように、ここに全角、4分が入ってなどなど。それでも出来上がったら「何か違う」ということはありますが。

Dsc07303 今でこそ、データ自体が壊れてしまうというのは希になりましたが、組版を誤って崩してしまいやり直しになるのは、データが消えてしまった時の心情と同じなんだな、と改めて思ってしまいました。特に比較したことがなかったもので。

←でもこういう組版は、崩れたら絶対にやり直したくありません。

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

活版印刷機・入室

Rimg0043部屋の修繕が大幅終了し、ブルーシートをようやく取ることができました。以前は畳の部屋でしたが、フローリングに変更。

エリック先生は大工仕事を、私はその後の修繕などフィニッシュワークを以前仕事で経験があり、お互い良い感じの組み合わせでの作業ともなりました。

一番暑い時にお休みを返上して手伝っていただいた山本やエリコさん、皆の力によるものです。








そして最初に入室するのは活版印刷機。約80kgある手きんは男性2人でも重いものですが、それを2Fに階段で上げます。階段も狭いので、2人が列んで持つことができない中の搬入作業は少し大変でした。前日には手きんの下の台も新しく作りました。今までのは活字が入るようになっているものでしたが、手きんが重いため、そこに活字を入れると重すぎるため別で使うことにしました。

Dsc08356
Dsc08344


Dsc08358_3 台には塗装もし、無事入室完了。
この古い建物に、活版印刷機はやはり馴染む気がします。とうとう印刷機が入り、これから始まるんだなと実感していますが、まだ活字の棚や植字台も作りつつ、活字の整理をしていきます。

実はまだどこの会社の活字を中心に揃えるかを決めていません。今所有しているものを活かせるよう、整頓してサイズごとに決める予定です。

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

内装作業の道

地道に内装作業を続け、やっと終わりの光が見えてきています。
内装作業、というか、リフォーム?なんでしょうか。というより、とにかく修繕とガムテープ後剥がしをしていたような気がします。たった4畳半の空間だというのに、、、

全てはガムテープでどこもかしこも止めてあった所が、作業の拡大の原因でした。柱も、押入も、天井も、窓も、流し玄関も、全てガムテープ、剥がすとまたガムテープ、みたいな状況でした。そのまま上からペンキを塗ってしまうのも手なのですが、そうすると上手く塗れないし、汚れが残ったままになってしまうので、とにかく落としまくりました。

薬塗る→ヘラで削り取る→ヤスリで削る→繰り返して最後に洗剤で拭く。今ではガムテープを剥がすならコレ!!というくらい色々な商品を試したと思います。

左はエリック先生とエリコさんが先住人の荷物と畳を捨て、床を直して貰った後。
右は壁のペンキも塗り、柱などエリック先生、山本と私とで修繕後。

Dsc08112
Dsc08338


そしてどの柱もボコボコと穴が大小あいていて、無数の画鋲の後がいっぱい。
とにかく埋めて、ヤスリで削って、と繰り返し。写真の白っぽい所が埋めたところです。
そんな作業中の私(笑)。過去に経験があるのが活きました。

Rimg0035
Rimg0004


今は柱や窓枠を保護塗料を塗っている最中です。これが終わればブルーシートも外してとうとう印刷機が上へ!!そしてこれから使用する台などをまだ作っていきます。元々デザインでも道具を探すのはとても楽しいので、DIYの材料も色々調べていくとはまってしまいます。あまった材料が今後の作品に、、、使うのはちょっと難しいかな。

| | コメント (0)

2008年8月21日 (木)

ストリートビュー

今日はまったく関係のない話です。

「Google Earth」という地球上の殆どどこでも衛星写真から見ることができるサービスがありますが、「ストリートビュー」という上からでなく、人が歩いてる目線で360度見ることができるものも、主要都市版が出来、先日山本が我が家を見てみたそうです。

そうしたら、、、うちの洗濯物がチラリと映ってる。下のお宅なんてバッチリ映っているし、これでベランダに出てたりしたらどうなんでしょう?という写真。正直複雑です。

そして私は実家を検索してみてみました。とすると、、、
あれ、ベランダに人が見える!!
ボヤけていますが、うちの母が洗濯物干してました!

はっきり言って怖いです。公共施設や名所だけにできないんでしょうか。



Dsc_0143 皆さんも、お家などチェックしてみてください。
誰か映ってるかも知れません。
ちなみに、←アトリエの建物もバッチリ映ってました。(車の上にカメラを付けて撮影しているそうなので、車が入れない路地は映ってませんでした)

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

お盆のひととき

Hsお盆週間に入りフランス語教室も盆休み、エリック奥さまエリコさんと山本も何日か会社がお休みで、皆で工事中です。私のアトリエが出来る同じタイミングで教室の場所も変わるので、2Fは工事現場と化してます。

毎日工事で汗まみれで、買った夏服を着る機会もないのも寂しいので、先日チェブラーシカを見に行ってきました。前々から見てみたかったのです、この作品。(←映画館入り口には160cmくらいの巨大チェブラーシカ)全4編で1時間強、とーてもかわいかったです。細かな動きまで、よく人形劇でここまで撮ったなーと思ってしまいます。全体を見るとあっという間に終わってしまいますが、一コマ一コマ動かして撮る、相当な時間と手間がかかるこの手法、作り手の強い気持ちを感じます。
どのキャラクターも表情豊かで和む内容。最初の話しでチェブラーシカが字を読んでるのに、次ぎの話しで字が読めないことになってたり、というご愛敬もありますが、私の中ではオススメの一作です。

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

EXHIBITION Number

世田谷ものづくり学校のIIDギャラリーで開かれている、「世界共通の記号であそぶ、Number」の展覧会オープニングに行ってきました。
エホン展でご一緒した岡村志満子さん始め、2006年の板橋区立美術館の絵本ワークショップで集まった、ポールコックス(フランス人アーティスト)と、参加者による、2回目の展覧会です。

オープニングパーティーは沢山の人・人・人。
Dsc08294

ケータリングはムーブアートマネジメントさんのお母さん。これを一人で作られたのですか!?というくらい沢山の種類でついついいっぱい頂いてしまいました。美味しかったです。知人も何人もいたので、最初はお話と食事に夢中になってしまいました。

展示は全て、いくつかテーマを沿ってそれを皆が参加して作るというもの。クリエイターはなかなか自分の世界があって、一緒に展示会をやってもバラバラの作品が多いものですが、こういった一つの作品に個性も盛り込み参加型の作品ができるというのは、とても大変且つ素晴らしいものです。なかなか出来る物ではないこういった展示会をまとめ上げたポール組、すごいです。

Dsc08309


Dsc08303
Dsc08295

Dsc08296 ポール・コックスさんも全ての作品の参加、そしてパーティーの途中に来場されました。(このために来日!)

とてもパワーのある、そして他とは違った力を結集した展示会ですので、お時間ありましたら是非見に行ってみて下さい。オススメです!!


〜8/17まで
11:00〜19:00(17日は17:00まで)

ポール組サイト http://les26.web.fc2.com/

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

8月のつくし

前回から間もない時でしたが水曜日は日直でした。実家を出ようと思ったら突然のスコール。5分程度でやんで、15分後にお会いした国立からいらしたお客さんに「雨大丈夫でしたか?」と聞くと「雨なんてありませんよ」と。。。どうやら坂の上だけ?
Dsc_0046

今月は「つくしえんぴつ図画工作」という企画をやってまして、お客さんや関係者などがえんぴつをキャンバス代わりに作品をつくっていくというもの。まだ先週からなので作品は少なめ。
Dsc_0044

彫ったり描いたり貼ったり、、、と様々なものが並んでいくことでしょう。というわけで私も一つ作りました。備品のマスキングテープを使ってクルクルと。色んな色を使って全てを巻きつけ、上下に銀のマスキングをつけてロゴだけ残しました。手持ちには一応サインとして「ひ」を書いてみたり。なんか綺麗な色だけで巻くだけでは何だし、マスキングでつるつるするようになったので、グリップ代わりに銀を細く切って上から付けました。あー楽しかった。いらっしゃる方は是非参加してみてください。
Dsc_0056

8月8日、オリンピック始まりますね。裏では色々問題がありますが、選手には関係なくがんばって欲しいです。スポーツ好きとしては忙しい2週間になりそう。時差はあまりないけど、昼間見れなければ結局夜中に見るので寝不足になりそうですね。

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

一日一語 語学の道

工事や準備もありアトリエに行くことが多くなったので、一日一語・フランス語を始めました。先生はエリックと山本です。仕事場にはフランス人の先生がいて、家には日本語で説明してくれる人がいるのですから、ある意味贅沢な環境です。発音も直されます。

ですが、とりあえず使える言葉、とか響きで覚えてるので文法とかは全然見てません。まず挨拶の「こんにちは、元気?」「ありがとう」「またね」など。今一番使うのが

il fait chaud. イル フェ ショ

「暑い」です。昨日はあまりの暑さに「暑すぎる」を教えて貰いました。

il fait trop chaud. イル フェ トォ ショ

「トォ」は喉をならしてちょっと汚い音が出るくらいがいいそうです。


ちなみにドイツ語の「暑すぎる」は

zu heiß ツー ハイス

もっと「すっごい暑い」と言いたかったら  

furchtbar heiß フルヒトバー ハイス

など、他にも色々言い方があります。

フランス語もドイツ語もですが、発音をカタカナにするのに無理な音が沢山あるので、自分で聞いた音で書いたものと人が書いた音が違うことがよくあるし、辞書に書いてあるとおり言っても通じないこともよくあります。聞き慣れない音を出すのは、難しいですね。

こんな、カメのような歩みなのでフランス語がどこまで覚えられるでしょうか。先日、初心者の参考書でも買ってみようかと本屋に行って、結局ドイツ語の本を買ってしまいました(まぁこちらも勉強しなければいけないんですけど)。山本は語学オタクなため、フランス語とスペイン語とイタリア語が同時に学べる本とかスラング本とか買ってました。私にはさっぱりわかりません。



「活版印刷」は

英語:typography 、letterpress
ドイツ語:der Handdruck、 die Typographie
フランス語:Typographie(冠詞がわかりませんが)

日本でも「タイポグラフィ」だとニュアンスが違って伝わってしまいますが、英語でもletterpress で表すことが多いですね。ドイツ語も「der Handdruck」ハンドデュルックが一番通じます。フランス語はエリック達はティポグラフィで話しますが、先日の絵本のセミナーでは通訳の方がニュアンスが変わると違う言い方をされてました(何だったかは忘れてしまいました)

そういえば、フランスの国立活版印刷所が閉鎖になり、その印刷所の写真集「文字の母たち」も日本で出版されてますが、絵本のセミナーの講師・マティエさんはその印刷所の出版部門を買い取った方で、活版印刷の方までは買い取れず残念だったと話されてました。

明日、8/6(水)はつくし文具店の日直になりました。この後当分日直に入れそうもないので、お時間ありましたら是非遊びにきてください。


| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

夏の課外作業

Dsc08273 知らなかった、窓を洗うのがこんなに大変だとは、、、DIYというより、先週はひたすらハードな掃除婦になっている状態です。あろうことか、窓は先住人が風&雨避けのため、端をほとんど強力ガムテープで留めていました。それが何年もたっていて、ベトベト。剥がす溶剤を使ってもなかなか落ちない、ベトベトで途中で止められない、洗っているとヤニと汚れで更に汚くなるので、グルグルと何回も洗ってました。何とか終了した頃にはグッタリ。


土曜には山本が天井を拭いてくれて、もちろん怖いくらい黒かったですが、これでかなり空気も綺麗になりました。この暑さでの作業なのでそれだけでフラフラです。この時期の土木の人たちは凄いですね。まだまだ道のりは長いですが、がんばります。しかし、、、

私もエリック先生も蚊によく刺されます。私に至っては普段から虫除けしても最低一日一カ所刺される始末。先週は20個以上刺されました。えぇ、もちろん私の血液型はO型です。色々グッズを試してますが、何かオススメありましたら誰か教えてください。

| | コメント (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »