« 印刷の切手 | トップページ | つくし日直の日(2月) »

2008年1月30日 (水)

印刷の切手 ー 追記

Dsc07549_2
前の項の「印刷の切手」で印刷機150周年の切手を載せたのですが、私はこの切手についてよくわかっておりませんでした。そうしましたら、ブログにご覧になった方が以下のような情報を送ってくださいました。

「この切手の印刷機は、ケーニヒ(Friedrich Koenig 1774-1833)の開発した動力式の円圧式活版印刷機だと思います。グーテンベルクの手引き印刷機の時代から、このケーニッヒの印刷機登場前の19世紀初頭まで、印刷機の基本的な仕組みはほとんど変ることがなかったと言われています。
(トグルの構造の改良や、木から金属への材質の変化以外には、活版印刷機の機構の根本的な進歩はありませんでした。)
この円圧式印刷機は蒸気動力によって動く高速印刷機で、一時間に1,000-1,100枚ほど印刷することができ、大量印刷時代への幕開けとなりました。
この印刷機が実用化されたのは1811年頃のようですから、その150周年記念ということは、写真の切手は1960年頃のものではないかと推測されます。」

グーテンベルクの時代から殆ど改良されず一時間約150部の印刷スピードから、フリードリヒ・ケーニヒが、印刷機を大量印刷できるように実用化していったのですね。○○さん、ありがとうございました。その後1827年頃には一時間4000〜5000部までスピードを上げたそうです。私も詳しく調べもせず、つい「バイエルン?」とか他にも憶測で書いてしまいました。すいません。(ちなみに彼の出身地はザクセン州、亡くなったのはバイエルン州でした)。

ドイツのWikipediaにこの切手の写真が載っていました。
http://de.wikipedia.org/wiki/Friedrich_Koenig

|

« 印刷の切手 | トップページ | つくし日直の日(2月) »

コメント

初めまして、jamと申します。
いつも興味深く拝読しております。

少し気になった箇所がありましたので投稿致します。
>一分間に1,000-1,100枚ほど印刷することができ
とありますが、「1時間」の誤記ではないでしょうか。

ケーニッヒ等は、停止式円筒印刷機を発明し、1814年に複動円圧印刷機を実用化して1,000~1,100枚(両面だと500~550部)の印刷を可能にしたと読みました。
参考資料は、岩波書店編集部編『本ができるまで』岩波書店、社団法人日本印刷学会編『印刷事典』財団法人印刷朝陽会、などです。

投稿: jam | 2008年2月 2日 (土) 17時31分

jamさん、初めまして、こんにちは。
ご指摘ありがとうございまます。
仰るとおり、間違っておりました。申し訳ございません。
私の方でも調べまして修正をさせていただきました。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: luftkatze | 2008年2月 3日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 印刷の切手 | トップページ | つくし日直の日(2月) »