« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月26日 (月)

鉛活字の文字

今日もとても天気の良い一日で、少し暖かかった気がします。
寒がりなもので、毎日行動範囲が狭まりそうなのを気を付けて過ごしています。

先日、「この鉛をご自身で彫っているのですか?」という質問を何度か受けました。
初めて活版を見ると、そう思ってしまうのが普通かもしれません。
今はパソコンで文字も作れてしまいますから。もちろん彫っていません。(というか彫れません)

活字はかつて鉛に直接逆字で彫る「直彫り師」が活字の元となる「母型」の更に元を彫って文字を作っていました。これは厳しい修行の末、5年くらししてやっと文字が彫れるようになる技術です。私も数度彫らせて頂いたことがあるのですが、12倍のルーペで除きながら彫刻刀で彫るのはなんて難しい!!と、ほとんど何処を彫っているか解らなくなりました。それがルビの大きさまで人の手で彫られていたのです。もちろん人の手によるものですから、誤差があり、それをチェックする人がいました。
1950〜1960年代に「ベントン彫刻機」という彫る機械が普及してからは、彫り師は必要なくなってしまいました。その後は彫り師がつくったものを元にしたり、方眼紙で一つ一つデザイナーチームが朝から晩まで文字を設計していました。イワタさんの高内さんなどがそれに携わっていました。
その後は写植(写真を撮ったネガをフィルムや印画紙に印字して製版する技術)に移り、あっという間にDTPの時代に。

こうやって活版を知れば知るほど奥が深くて、しかも清水さんのように長年の修行を経て、一つ一つ人の手によって作られていた文字を考えると、今、パソコン内のものが「本当の文字ではない」と言われても仕方ないと思います。重みが違いすぎますし、パソコンの文字は大きさごとに調整は殆どされていません。
もちろん、現在でも書体デザイナーという専門の方々がいらっしゃるので、その方々は一つ一つ設計している新たな文字は、やっぱり「文字」だと思います。

グラフィックデザインは以前「図案」と呼ばれ、コピーは「文案」と言われました。
私はデザイナーなので、活版でも活字を使って「図案」を考えています。
もちろん、イラストなどは凸版を使いますが、組版技術を使っての活字を大切にしていきたいと思います。でも来年は、版画にも挑戦したいとも思ったり、、、そこまでできるでしょうか?


たまには活字以外の写真で。外はキレイに紅葉してきましたね。
Dsc07342

| | コメント (0)

2007年11月24日 (土)

つくし文具店・初日直

今日はつくし文具店の日直の日でした。
071123_12432 天気は良かったですが、やっぱり寒かったです。
国立駅よりバスで行く住宅街にある文具店。
国分寺市ですが、立川市にある私の実家からも自転車で5分という場所に位置しています。
というわけで、私は父の自転車を借りて緊張しつつ初出勤。
最初から、のれんをどうして良いか分からず、前店主のおばちゃんに教えて頂いたり、どこまで掃除すればいいんだろう、とほうきがけしたり、かっこいいCDプレーヤーを使ったことがなく、スイッチをさがしまくったり、、、とプチパニックで始まりました。

こちらの店舗、1990年まで地元の中学の近くにある文具屋さんでした。私も小さい頃散歩コースだったため、母に連れられて歩いてやってきたものです。一度閉められたお店だったのですが、息子さんの萩原修さんが後を継ぐ形で、また違った素敵な文具店として再スタートされました。私も地元での活動を前々から何かしたかったので、今回日直として参加できるのはとても嬉しい出来事です。

中にはつくしオリジナルの文具や、ステーショナリーや本などが並びます。
どれも洗練されていて陳列もすっきりとしています。
お客様は、雑誌を見られたり、地元でも「一度はいってみたかった」という方がいらっしゃいます。

今日はLUFTKATZEの商品も並びました。
お買いあげいただきましたお客様、ありがとうございました!
071123_13321
071123_15341

月に一度くらいの日直になりますが、担当の日は商品と活版の相談なども直接受けることができます。また次ぎの担当日が決まりましたらブログやHPでお知らせ致しますので、よろしくお願いします。

お客様と直接お会いできる、楽しい一日となりました。
日直の後には実家の夕飯が待っているのも嬉しかったり。。。

常時置かれている商品もとても魅力的ですし、来週からは「8plus・絵本文庫展」も始まりますので、是非皆さま一度足を運んでみてください。

つくし文具店
〒185-0035 東京都国分寺市西町2-21-7
TEL : 042-537-7123

営業日:火・水・木・金・土・日 
定休日:月

営業時間:12時〜17時

http://www.tsu-ku-shi.net

| | コメント (0)

2007年11月21日 (水)

活版工房募集

本日は活版工房の募集をしました。
いつも活版工房を募集をスタートしたあと、このブログでも「募集始まりました!」としたいところなのですが、締め切った後に書くことになってしまいます。
大変ありがたいことに、今回もすぐ定員に。
ご応募くださいました皆さま、ありがとうございました。
人数が6人ということもあり、できればもう少し機会を増やしたいとは思うのですが、活版工房のスタッフ全員別々の仕事をしつつ予定を合わせているので、なかなか出来ずにいます。
なので、来年は違った形ででも、もう少し多くのワークショップも出来たらな、とも考えています。

デザインフェスタを目標に新作を作っていたため、家は残骸などが多々。。。
少しづつ整理をしていきつつ、年賀状の用意もしなければ!
やりたい事はいっぱいなのですが、少し整頓をしてからスタートしたいと思います。
Dsc07241

| | コメント (0)

2007年11月19日 (月)

DF ありがとうございました!!

土日に開催されたデザイン・フェスタが無事終了いたしました。
沢山の方々にブースにいらしていただき、本当にうれしくて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
0202

初めての出店で最初はどうして良いやらでバタバタしてしまいましたが、色々な方々に見ていただけ、そしてお話できるのがとても嬉しかったです。少しでも活版印刷が伝わっていける一つであればいいな、と思っていますので、フェスタのパワーを元にまたがんばります。

今後もイベント参加や、定期的にどこかでお店を開いたりしようと考えていますので、
楽しみにしていてください。

23日(金祝)には国立(国分寺市)にあります「つくし文具店」の日直をしておりますので、その日は商品なども店舗に置いておりますので、お近くの方はお立ち寄りいただければ幸いです。
また、ワークショップに関しては活版工房での募集になりますので、こちらをご覧になってください。申し訳ございませんが、募集は突然出しています。

2日間、本当にありがとうございました。

LUFTKATZE

| | コメント (0)

2007年11月16日 (金)

明日、始まります

デザイン・フェスタの前日になりました!
水曜にも手きんで細々700枚刷り、何とか印刷を終了。
後は無事に持っていけるよう、その他の作業を折ったり貼ったり切ったり、、、


最後に完成していたのはクリスマスカード。先日アップした組版はこうなりました!

Dsc07322


普通は「文字→活字」「イラスト→凸版」にするのですが、ここを逆にしてみました。
イラストを活字で、文字は清刷りの亜鉛凸版で。羊は自動の印刷機でお願いし、文字と封筒のシンボルは手きんで印刷。紙はOKミューズラフィーネCというパール紙を使用。色を印刷するとうっすらと紙のパールが栄え、印刷された色もキラキラ見える不思議な紙です。とても柔らかい紙なので、すぐに凹みもできますが、柔らかい=キズつきやすい ものなのでとても繊細です。
封筒には羊とベルのモチーフをゴールドで印刷。白とベタの2種類です。

Dsc07323
Dsc07326

二つ折りのカードになりますので、クリスマスに素敵なメッセージを届けて下さい!
一部500円(税抜き)


Dsc07267 そして限定10部!!ドイツの工房で制作してきた「Fragen」ポスター。
完成品は予備も含めて15部しかありませんので、その中から10部を販売。大きさは約B3サイズ。オレンジ部分は日本にはあまりない大きな木活字での印刷。 今回のみの販売になりますのでお早めに!

「Fragen」=「Question」
まわりには「どっから来たの?」「何でおくれてきたのよ?」「まだ質問ある人いますか?」「いくらですか?」「どこで会おうか?」などなど日常に使われる質問文があり、中央は質問に関する格言が入っています。







 

Dsc07042_4 ブースはこのポスター→を目印に来て下さい!作品&商品の販売の他、名刺や年賀状などの印刷受付相談、ちょっとだけ組版実演もやります。(印刷機はないので、簡単なものを組むだけですが)
様々なアートの祭典でどうなるやらわかりませんが、沢山の方とお会いできるのを、楽しみにお待ちしております。

DesignFesta! 東京ビッグサイト西
2007年11月17日〜18日 11:00〜19:00
ブース:西1-C601

| | コメント (0)

2007年11月14日 (水)

栞・完成!

Dsc07285
1400枚終了〜!!
ここ数日、手きんでせっせと刷っていました新作の栞が完成しました!
猫とアライグマのイラストで、7種の紙を2種の色づつ、合計14種類。
と、面倒なことに100枚づつ色を変えました。
Dsc07290_2 もちろん同じ色のもあるのですが、何しろ紙が115kg〜260kgと厚さに幅のあるものにしたため、紙を変えると位置も変わる。。。ちょこちょこ位置を変更しながら印刷をしていると、いつの間にか時間が過ぎています。
黒・紅赤・藍・黄の組み合わせにしていたのですが、活版のインクの白や黄色は透明度があるので濃い色に明るい色は上手く乗らないのです。赤と紺の紙に黄色で印刷するつもりが、まったくはじいてしまい「どうしよう」と中村さんにの所に相談に駆け込んだ所、「金・銀じゃダメなの?」と素敵なアドバイスをいただいて、インクを分けていただき最後に銀色で印刷。キレイに印刷できました。




Dsc07288 そして前々からやってみたかった「黒&黒」の印刷。10種類くらいの紙から試してみて、GAボードを採用。厚みがあり、紙が柔らかく、黒で印刷しても判別できるくらいの暗さを条件に探しました。同色での印刷なので、凹みも出来やすい方がわかりやすいので、柔らかめの紙は必須条件!
なかなか黒のは少なかったです。

ナチュラルな紙、地紋のある紙、パール紙、ゴールド紙に黒紙。
中央のドイツ語は「読書をしないものは世界を知らない」とちょっとズキっとするお言葉。

1枚200円になります。
また違う紙6枚セットを割引価格で、2種類のセットも用意します。デザインフェスタでは全品特別価格になりますので、是非お手にとって見て下さい。

| | コメント (0)

2007年11月10日 (土)

ブロックアート?

Dsc07260

今週、自宅で組んでいた組版も印刷まで無事終わりました。
って、組版は文ではありません。
ブロックアートというか、パズルみたいですね。
組み上がって大将に「これです!」って見せたとたんに大笑いされました。
8ptの「+」「(」を合わせて800本くらいの活字を買い、最初は木インテルを間に入れて組み合わせていって、最後に全て抜いて、インテルがない分、版が崩れないようにクワタの所を入れ子にしたりして調整。クワタも途中でなくなり、買いに御徒町へ行きました。

3分に3分の2に、、、4倍など、、、大将に頼まれた物も買って約1kg。普通はキロ単位で売られるものらしいのですが、グラムでお願いしました。
その日は組版も持っていたので重くて途中でフラフラになってしまったり。活版やるには体力もつけなければ。。。御徒町は他にも問屋さんがあるので面白いです。ついつい色々買いものをしたくなります。そしてまた重くなる。

印刷はパール紙にキレイに刷れました。
文字は今回、どうしても大きな文字を使いたいため、凸版にすることにしました。
使いたい書体を海岸印刷さんが所有されていたので、清刷りをお願いし、来週亜鉛か樹脂にして刷ってみる予定。実は清刷りは初めてなので、上手くいくかは自分でもわかりません。

この後3回印刷しなければ、完成しないので来週にスパートかけてきます。

| | コメント (1)

2007年11月 9日 (金)

新・ショップカード

制作できるのもあと1週間と迫ってきました。
ただでさえ、メインとして作っているものも色々あるのに、ショップカードも新調中。というのもドイツのベルリンからのおみやげで「LUFTKATZE」の文字を頂いたので、折角なので作ってみました。
Dsc07179

Dsc07206

ドイツの倍尺で計ると36pt。でもやっぱりディド・ポイントだからか9ptの4倍でも合わず、トタンや紙を入れて調整です。ロゴとして作ったLUFTKATZEの文字もあるのですが、色々な文字で刷ってみるのもまた楽しいです。というわけで、表は今までの印象とはかなり違いますが、裏には猫ロゴとHPアドレスとを入れる予定です。


Dsc07246 今日工房で、何十年も前の新品インクを開けてみたら表面がパリパリになっていました。まるでクリーム・ブリュレのようで面白かった。でも中はそれによって密閉されていたせいか、とても良い状態のインクでした。気を付けないと、インクを取るときにパリパリのカスも一緒についてきてしまいますが。。。





作業がかなり進んでます。と言いたい所ですが、組版を移動するときに崩してしまいました(泣)しかも面倒な欧文組版。何とか修正して印刷に入ることはできましたが。でも、いい感じに出来上がってきているので、是非是非、来週末お時間ありましたら遊びに来て下さい!

Design Festa
11/17-18 東京ビッグサイト
11:00-19:00
西ホール1F C601

| | コメント (0)

2007年11月 5日 (月)

作業場

私は通常、組版や印刷を都内某印刷所で作業しています。
ですが、それ以外の作業は自宅であり、組版も家でやるようになりました。
家中が作業場状態です。

グラフィックの仕事はMacですので、設置している一角が私の本来の仕事場なのですが、そこは狭くて切ったり貼ったりなど他の作業はできないので、パソコン以外の作業はリビングへ。

組版やローラーカードの作成他は、玄関です。。。
Dsc07215_2
必要最低限のクワタと活字しかないので、写真ではほぼ組み終わった後でクワタが殆どなくなってしまいました。活字は文選箱ですが、クワタや込め物は100円ショップで買ったケースやアクセサリーケースなどに入れています。フタもあるので自宅では収納でも便利です。
下駄箱の上に置いているのですが、少し低いので木のブロックで底上げ。ステッキも借り物だったのを先日新品を購入。ピカピカです。

Dsc07216
Dsc07210


巻物絵巻の芯になる部分は、ホームセンターで買ってきた木を磨いてます。
これも玄関作業。ヤスリでガリガリ。。。端などは裁断の後でボコボコになっているので、削ってその後薄く艶出しをつけてまた磨く。ローラーカードの時などはシンナーの匂いがするので、近所にご迷惑がかかっていないか心配になります。(閉め切ると自分が危ないですし)
Dsc07218
Dsc07220_2

今日は夫がリビングを仕事で占拠していたので、和室(寝室)で全紙を切ってました。A3くらいのカッターマットしかないので、全紙を買ってくるといつも苦労します。
家には活字や紙などが増える一方。
近い内にアトリエを持つことが目標です。

| | コメント (0)

2007年11月 3日 (土)

新作制作中

今週に入って、デザインフェスタまでに制作する予定の物を、改めて計算してみました。そうしたら、ものすごくスパートかけないと間に合わない事が判明。
このままでは、ブースに身代わりのかかしでも立てることになるのでは。。。
というわけで、今週は殆ど更新できずに過ぎてしまいました。
まだドイツでの「散歩」紹介は残っているので、そちらは時間を見ては書いて行こうと思います。

Dsc07182_2  

今、同時進行でいくつか作っています。
欧文は日本で販売されているものと、欧州の活字をつかっていますが、↑欧州の活字はディド・ポイントのため、ポイントの大きさが日本とは異なります。(日本はアメリカポイント)となると、日本のクワタや込め物ではサイズが合わないので、トタンなど細々入れていくことに。

そして今週は大きな山だった、色数の多い印刷を自動手差しの機械で刷って貰いました。ベタがあるので手きんではムラになってしまいます。そのため自動でお願いしたのですが、大型の機械で色を変えるのはとても手間がかかります。ですが、日にちを変えると印刷位置やムラなどの調整がまた時間がかかるので、一気に刷ってしまいました。(大将、長時間ありがとうございます!)
Dsc07196
Dsc07192


ついついアイデアを考えている時に、あれもこれも作りたくなってしまい、
その中でも絞り込んだはずなのに、直前には「誰だ!?こんなに面倒な事を考えたのは?そしてこの数を作ろうと決めたのは誰だ?」と自問自答してしまいます。もちろん決めたのは他ならぬ自分です。とかいいつつ作業していると「もうちょっとこれも足してみよう」とプラスアルファも始めてしまう。でも楽しいんでるんですね、結局。
11月にも入って残り2週間。がんばります。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »