« 散歩12 Gutenberg Museum | トップページ | ドイツでの軌跡 - 2 ミュンヘン »

2007年10月 1日 (月)

散歩13 DRUCKLADEN

グーテンベルク博物館の隣に位置する印刷工房「DRUCKLADEN デュルックラーデン」。1990年に設立されたこの工房では、博物館の印刷物の作成、子供を中心としたワークショップなどを催しています。(↓右の大きな木の文字は、今年作られた物。椅子になるくらい大きいです)
Dsc06323
Dsc_0213



所狭しと活字や道具が置かれ、活版・版画に関するスペシャリスト達がスタッフとしていらっしゃいます。印刷物を乾かすために上から吊されているのが、展示の一つのようですね。

Dsc_0118


企画展として展示会も常時催しています。この時は銅版画家の展示をしていました。
この工房でも印刷をされたそうです。
そして右には大きな木活字。この後ポスターになるのでしょうか。
Dsc06382
Dsc_0144_2



奥には活版印刷の全行程が書かれているパネルがあります。
左は日本でいう「地金彫り」の説明。
Dsc06369
Dsc06380



この日は近くの小学校の課外授業の一つとして、子供達が紙版画と活版印刷の作業をしてました。
Dsc06362
Dsc06385


好きな鉛や亜鉛の版を印刷している子も。木活字では、自分の名前を印刷していました。
左は印刷機と木活字。活字を並べ、マグネットで固定して紙を上にのせます。
Dsc06304
Dsc06384



自分でレバーを引いて出来上がり。
Dsc06388_3
Dsc06389




絵は重たい版を自分で運んで印刷。
先生は活字の所にいるだけで、絵の印刷は自分たちで好きに作業してました。 Dsc06391

Dsc06395


15歳までの誕生日の子供を招待したり、地元の小学校の授業の一環としていたり、子供を主体としたイベントなどの活動への功績として、責任者のDr Otto Martinが9月4日にドイツ連邦共和国より「ブンデスフェアディーンストゥクロイツ」を受賞しました。こうして子供達に伝えられていくことは本当に素晴らしいことです。


工房は見学自由ですので、博物館に行く際は是非工房にも立ち寄ってみて下さい。

Dsc06301DRUCKLADEN デュルックラーデン 
月〜金曜 9時〜17時(木曜のみ20時まで)
土曜 10時〜15時
休館日 日曜、祝日、年末年始など
見学無料 
ワークショップは基本子供のみ

|

« 散歩12 Gutenberg Museum | トップページ | ドイツでの軌跡 - 2 ミュンヘン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 散歩12 Gutenberg Museum | トップページ | ドイツでの軌跡 - 2 ミュンヘン »