« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

銀河鉄道の夜

Ginga__1 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」。
主人公ジョバンニが、友人カンパネルラと列車に乗り銀河を旅する話です。言わずと知れたこの名作で、主人公が活版所で働くシーンがあります。

私も活版印刷を説明するときに
「ジョバンニが働いていたのが活版印刷所で、拾っていたのが活字です。」と言うとことも多く、そうこうしているうちにアニメのBGMが頭に蘇ってきて、久々に見ることにしました。
1985年作のこのアニメは、猫で描かれている不思議な世界(原作は猫ではありません)。構成もよく、独特の色使いで細部まで書かれた絵と、細野晴臣さんのBGMがまた心に残ります。小さい頃、印象的なこの音楽の楽譜を探してピアノで弾いたものです。




ジョバンニは、一枚の紙切れを「これだけ拾っていけるかね?」と渡されて冷たい大人たちに囲まれつつも、黙々と活字を拾います。
「文選」の仕事をしていたのですね。
小説からすると拾っているのは「ルビ」のようですが、映画では猫なのでそこまでは描写されていません。目をこすりながら、だんだん活字を拾っていくのです。
活字を拾い終わって、文選箱と紙を係の人に渡すシーンでは、つい「そんな渡し方したら活字が倒れてしまう!」など余計なことを、今では考えつつ見てしまいました。

宮沢賢治がこの作品を書き始めた1924年は、活版印刷が中心の時代で、イギリスで乾式平版法が、スイスで多色グラビア製版法が考案され、日本では写真植字機が発明されました。
参考にした印刷所は山口北州印刷とも言われています。宮沢賢治が詩集を印刷するため、活字をとりに何度も足を運んだ印刷所です。

このお話は宮沢賢治の妹の死から書いた作品で、何度も書き直し未完のまま作者はこの世を去りました。宮沢賢治の思いが込められとても奥深い内容であり、一度是非とお薦めしたい作品です。


| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

第4回活版工房を終えて

先週の土曜日、21日に活版工房第4回が開催されました。
Dsc06097
今回も天気もよく暑い日で、そういえば活版工房の日は雨が降ったことないかもしれません。。
そして第一回にもいらして下さった、日本名刺センターの杉田さんも参加してくださいました。講師陣で一番の大先輩です。
封筒に住所・名前を入れるという授業内容はいつもと同じですが、いつも少しづつ修正しながら授業にのぞんでいます。

前回までより、道具に触る時間を多くしてみました。
とにかく触っていくと解るのも早くなりますし、折角いらしているのですから、接する時間が長い方が楽しいかと思ったのです。皆さんの笑顔が見えたのが早かったのは気のせいでしょうか。

Dsc06102_1
Dsc06111

前回の工房の後出た新聞記事では「女性に人気」と出ましたが、もちろん男性の参加者も毎回いらっしゃいます。途中には吉田印刷所の吉田さんも来て下さいました。


今回もあっという間の3時間。
楽しい時間はすぐ過ぎてしまいます。
下町の印刷屋さんの雰囲気、全ての工程を体験できる工房として、楽しんで頂けたら幸いです。
参加者の皆さまお疲れ様でした、そしてありがとうございました。

活版工房のブログではまた活動報告として載せていきます。

そして、、、8月末は特別講座が待っています。。。準備いそがなければ。
ご期待ください!

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

ベタ面のタグカード

ベタ面のの多いものを、手きんと自動の印刷機で刷ってみました。
Dsc06096_1
Dsc06092

上が自動、下が手きん、だいたい3cm四方の大きさです。
ご覧の通り、手きんではムラが出てしまいました。
この状態で圧も強め、インクのノリも良くした所です。
機械によって特性があるので、刷る物によって変えていきます。
例えば、上記のようなベタ面をキレイに出したいなら自動の印刷機にします。
逆にムラを出したいなら自動でも手きんでも出来ます。

また、紙の特性でもよく変えることがあります。
自動の印刷機は吸盤で吸い上げて紙を給紙しますが、紙が軽すぎたり薄いと複数枚一度に持っていってしまうので、手きんで刷るようにすることがあります。和紙などは特に多いですね。
手差しの自動印刷機でも、やはり紙がローラーでひっかかったりというのがあります。
その点手きんは針に紙をひっかけて差し、押すだけですのである意味ティッシュのように薄くてもできるのです。このあたりの機械の差は、またいつか詳しく書きたいと思います。


ルフトカッツェの製品に付けているタグカードは、中村活字さんに作って頂きました。
いつも自分で作っているので、プロの方に発注するのもとても勉強になります。
今回は特別に印刷に立ち会わせて頂きました。

Dsc03724 まず色づくり。色は濃いセピア。

DICの色の配分表を見て、出す色の量を決めます。そして一番多い配分の色に他を少しづつ増やしていく。活版インクは既にある程度出来ている色に混ぜていくので、CMYK指定の感覚とちょっと違います。(その感覚で全く違うものに変化したことは何度も)
これも保存の仕方なども人それぞれのようです。
紙にラップをかけたり、名刺ケースに入れたり。
保存用乾燥剤のスプレーをかけます。

最初は黒・赤・黄・白の配分表から作ってみたのですが、「茶色からやった方がキレイになるかも」
とやり直したら確かに発色がキレイ!
Dsc03725 そして試し刷り。少しづつ機械を回して色がのってきた所で微調整。もうちょっと濃くするなら黒を少し加えて貰う。

中村さんの所の機械はデルマックス。
これがとても素敵な音を奏でて動きます。
F1じゃないですが、印刷機の音も楽しいです。





版も作ってもらいました。

Dsc03731活字屋さんは、活字で揃っているかを見るので、見た目にズレて見える微調整は、修正でお願いします。
余談ですが、このときは樹脂版を製版所に最初にお願いした時、版が潰れて仕上がってしまいました。写真の樹脂版はデータを一度大きく出力してから版に起こして貰ってます。受け取るときには確認をしっかりしないといけません。



そして、お詫びと訂正です。。。
実は、このタグのメールアドレスが間違ってました。
正しくはluftkatze@gmail.comです。
なんともお恥ずかしい。以後気を付けます。


| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

暑中見舞いカード

暑中お見舞い申し上げます。
と、もうご挨拶して良い時期でしょうか。
送ればせながら、「夏のご挨拶カード」が出来ました。(2008年の金魚・かぶと虫はこちら→
暑中見舞いにも残暑見舞いにも、夏中使えるメッセージカードです。

Dsc06067_1

"Viel Spaß im Sommer!"は、独語で「夏を楽しんでね!」という意味で、
「フィール シュパース イム ゾンマー」と読みます。
"Viel Spaß!"とは遊びや催し物に出かける人に「楽しんで来てね!」とかける言葉です。例えば、
「今日野球を見に行くんです」「そうですか、楽しんできてください!」とか
パーティーに来たゲストに「皆さん楽しんでね!」と声をかけたり、友達、目上の人など色々な方に使える便利な言葉です。
下には夏の風物詩と花形を入れて入れました。



070711_1914 独語の書体は活版工房スタッフの友人がスイスより持ち帰った"Akzidenz Grotesk"。独語圏からやってきた物ですし、書体も力強さが独語にとても合いそうだったので使わせていただきました。
25ptは日本の基本ではない大きさなので、クワタは8、8、9ptでの組み合わせにしました。

印刷は手きんも考えたのですが、2色刷るときに平行が出来るだけずれないように、自動の印刷機にお願いしました。平行は紙の差し方一つで変わるので、なかなか難しいです。裏面は手きんです。




そして夏の意味の"Sommer"をわざと印圧を強くしました。
Dsc06066
Dscn6061

文字が太いので普通に刷るにしてもある程度、全体に圧を強くしなければキレイに出ません。そこに活字を痛めない程度、さらに赤のみ凹みが出るようにしたのです。
いつも「凹みを出さないのが、本来活版印刷のキレイな印刷」と私も説明をしているので、これは少々心苦しかったです。大将にも「これは他では無しだよ」と、、、すいません。


後ろには独語メッセージの説明も入っています。
紙はタケバルキーの白とクリームの2種。
ルフトカッツェのサイトにて販売致します。

また、こちらも遅くなったのですが、定形での暑中・残暑見舞いの印刷受付をルフトカッツェで始めます。大将と共同計画ですが、ネットのみの受付です。

Dsc06032

Dsc06036





シンプルな活字のみのデザインとし、文章はカスタマイズが可能。花形も数種類用意しています。紙も官製葉書、洋紙、耳付き和紙をご用意。ゴシック体のも追加予定です。

こちらは近日アップします。。
暑中見舞いには遅いという場合、残暑か来年にご検討いただければと思います。
宜しくお願いします。

 

| | コメント (2)

2007年7月12日 (木)

散歩10 秀英体展示室

五反田にある新しい大日本印刷さんのビルにある秀英体展示室。
秀英体デジタルフォントが発売されることが発表されたばかりのタイミングで、訪問をする機会を頂きました。
http://www.dnp.co.jp/jis/news/2007/070702.html
残念ながら写真撮影が禁止だったので、文字のみでお伝えします。


秀英体とは、明治時代から使用されている大日本印刷のオリジナル書体の名前です。http://www.dnp.co.jp/shueitai/index.html
様々な書籍に使われています。2階に秀英体に関する資料があり、活字時代からCIDフォントまでの移り変わりなどが、印刷物と一緒に紹介されていました。


秀英体は本当に文章を読みやすいように作られているな、と思う美しい書体。スッと目の中に入ってくるのです。
活字時代とデジタルでは形が少しづつ変わります。印刷の仕方や仕組みが変わるのですから、そのままというわけにはいきません。その度にフォントデザイナーがまた設計をし直しているのです。すごい世界です。

一番奥には市ヶ谷の工場から持ってこられた資料の一部も展示されてました。
貴重なものが沢山。このようなものが膨大に眠っている市ヶ谷。。。いつか行ってみたいものです(一般の方は立ち入り禁止だそうです)。


活字活版時代の活字のデザイン〜彫刻〜鋳造〜組版〜印刷までが詳しく紹介されていました。その一連の流れのDVDがあったのですが、これは欲しいと思える内容。約30分近くあるそうです。
貴重な大正3年に刊行された、花形活字見本帳をデジタルで見れたり(清刷が欲しい!)、ルビの新品活字の集合はまるで宝石!!時刻表に使われる色々な活字(「快」とか禁煙マークとか、食堂車の表示とか)ディスプレイのアクリルには内澤旬子さんのイラストで説明が書かれています。これがまた素敵。


そして、活版だけでなく現在の特殊な組版なども展示と説明をしてくださいました。一番複雑な組版の「続日本紀」(新日本古典文学大系より/訳600p)はなんと入稿まで13年!!!また辞書ならではの特別な世界、会社四季報が作成される驚異のプログラムなどなど。印刷や組版の奥深さをまた改めて見た感じがします。

何より、大日本印刷の方のとても解りやすい説明と、一回では聞ききれないほどの多くの見識。お忙しいところ、本当にありがとうございました。


最後には、1階にあるハイテクな美術館「ルーヴルーDNP ミュージアムラボ」を案内して頂きました。展示されているルーヴル美術館からの貴重な像などももちろん素晴らしいですが、触らずとも触ったかのごとく見れるタッチ式ディスプレイなど、未来空間に来た印象を受けます。
こちらは予約制だそうですので、機会があればぜひ。
http://museumlab.jp/




| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土)

DANKE!

Dsc06018
ドイツ語で「ありがとう」の意です。
海岸印刷さんがAlternate Gothicの72ptを持ってらっしゃったので、
お借りいたしました。
日本語ではない大きさ(初号42ptが最大)なので、また違う存在感があります。


Dsc06015 これで先日ABCに来て下さった友人・知人にカードを送ろうと作成しました。
印刷は手きんでグラデーションを刷るためインクはご覧の通り。色んな色を混ぜて、円盤を固定させました。でも30枚くらい刷っていると、色が混ざってグラデにならなくなります。

で、どう刷り上がったかというと。。。
それは到着してのお楽しみなので、またの機会にアップします。印刷された色は全て少しづつ違います。
この印刷、楽しいです。
時間のある時に、色々試してみようと思います。

| | コメント (2)

2007年7月 4日 (水)

TypographyとLetterpress

「活版印刷」を英語で言うと、letterpressと表現している方も多いですが、実はそれは凸版での印刷のこと。正式には活字を使った活版の方はtypographyのようです。辞書によっては活版印刷と言われる所もありますが。。。そして日本ではタイポグラフィは書体そのものの事を指している方が多いです。樹脂、亜鉛版は凸版印刷にあたります。

大きなくくりで「凸版印刷」があり、その中に「活版」があるという感じですね。印刷の方式は活字でも樹脂でも同じですので、活版印刷と言われることがありますが、印刷所の方でも全てを活版印刷と表現される方もいれば、凸版と活字活版で分けて話される方もいます。


Dsc03783 活字での印刷は、一つ一つ鉛活字を拾って(もちろんあれば木版や銅版活字なども)それを組み合わせて版にしていくので時間がかかります。スペースもクワタという鉛をパズルのように組み合わせて、四角い版にしていきます。




樹脂版と亜鉛版はデータや紙焼きから起こすので、組む必要はなく手間も少なくて済みます。

Dsc_0181 もう一つ大きな特徴としては、活字の方は大きさも書体も決まっているので、自由度が少ないということです。日本語は初号(42pt)〜6pt(ルビを抜かす)、欧文は鉛活字の最大は約84pt。たとえば2号(21pt)でなく20ptが欲しいといってもないのです。花形や飾り系など、絵的な活字もあります。

そして文字詰め。スペースをパソコンのように数ミリ単位とはいきません。本来日本語活字は縦書きのために作られているので、どうしても横書きは違和感ある文字間になるところがあります。

凸版印刷は自分の思い通りの絵の版もできますので、自由度が高いということです。パソコンの中で作った物や、自分で描いた絵をそのまま版として起こす事ができるのです。文字もパソコンで作成したものがそのまま使えます。

↓左・樹脂版と右・亜鉛版

Dsc03215_1
Dscn5802

では印刷後はどちらが良いか?
やはり活字の方が圧倒的に美しく印刷されます。
それは活字が直角に彫られているのに対し、亜鉛は山型なため、滲みが出やすい(マージナルゾーン)のです。樹脂は亜鉛ほど山がたではありません。
なので、一番キレイにするには文字は活字、絵やロゴを凸版にするのが一般的です。

とはいえ、思った通りの書体やレイアウトを望まれる方、時間を早くしたい場合は、凸版印刷として使われることが多いです。活字は高いですし、組版料もかかります。活版印刷が衰退した理由はここにあるかもしれません。

Dsc03717 私はこの「制限」の中で出来る事を探して作っています。逆の発想から「この活字をどう使うか」考える事も多いです。猫のバースディカードなどは無理な活字の使い方かもしれませんが、そういった所を試して楽しんでいます。もちろん活字で無理な部分は凸版を使っています。


文字詰めはどうしているかというと、まず何も入れずに組みます。

そこで一番広く空いて見える所を基準にして他を空けていきます。
活字を削るという荒技もありますが、それはその後の活字に影響しますので、反則技と思っていて下さい。注文では口にしない方がいいでしょう。

あと本来凹みが出ない印刷物の方がキレイと言われているのですが(こちらが基本なんです!!)、紙の性質によっては若干の凹みが出ます。やはり固い紙などで無理に押すと活字などを痛めますから、しっかりとした凹みが欲しいときには、和紙など柔らかめのものを使うようにすると、活字も痛めず自然と凹みも出来、手触りも得られます。

活版印刷の印刷物をその辺り気にしてみたりすると、また違って見えて楽しいかもしれません。



| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

ありがとうございました

本日で無事、青山ブックセンターのABC dé タイポグラフィが終了しました。
沢山の方々においで頂き、本当にありがとうございました。

Dsc03885

ふいに入って下さったお客様、
遠くから東京まで来てくれた友人、
ブログやHPから来て下さった方々、
お休みの所、足を運んで頂いた皆さまなどなど、、、

様々なご協力を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
そしてスタッフの皆さま、大変お世話になりありがとうございました。

ルフトカッツェはこれからもいろいろ作品を作っていきますので、
楽しみにしていて下さい。
よろしくおねがいします。

ありがとうございました。

2007.07.03 LUFTKATZE 平川たまき

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日)

散歩9 ABC dé タイポグラフィ

Dscn5982_1 青山ブックセンターで開催されている、「ABC dé タイポグラフィ」。
残るところ後3日間の30日土曜に訪問してきました。
今日は新しく朗文堂さんが発売された、Adana-21Jによるワークショップ最終日で、沢山の参加希望者が待っていらっしゃいました。






Dscn5993 入り口に入ると小さなAdanaが2台。道具も全てピカピカという状況は、近年の活版印刷では見ることはありませんでした。そのため真新しい印刷機も道具も、とてもかわいらしくも見えます。インクが付く円の部分には、銀色のインクが付いていますが、同色なので、わかりにくいかもしれません。




Dscn5983 作る物は、封筒と便せんに名前、もしくはメールアドレスなどを入れます。活字はアルファベットのみで、3書体から選びます。紙も何種類かの色が用意されていて、2種類選んで印刷されている方も。




Dscn5984_1 Adana開発の実務面を担当されている大石さん。
「活字の表面はキズがつきやすいので気を付けて下さい」凸版ミュージアムでもインストラクターをされていた大石さんの説明は、とても解りやすく丁寧で、生徒さんもテンポよく作業を進められていました。



組版ともなると、皆さん真剣そのもので黙々と組んでいきます。
活版工房でも同じですね。

Dscn5989
Dscn5992



組み終えたら、印刷するために組み付けをします。
短い時間での作業の中ですが、全ての工程がきっちり入っています。
ならしもして、ジャッキも閉め、さぁ印刷です!
Dscn5997
Dscn5995


Dscn5988 印刷するときは皆さん緊張気味。
レバーには力をさほどかけなくても印刷することができます。一回、二回とレバーを途中まで下げて(インクをなじませるため)、最後までしっかりと押して印刷の出来上がり。
だいたい20分程度の始めての活版印刷。皆さんとても満足されていました。




とても小さくて、パソコンの代わりに机に置けそうなadana-21。重さも20kg程度で動かすのも簡単だそうです。本体だけで40万くらいしますが、この印刷機がもし自分の机にいたら、、、など想像してつい欲しくなってしまいそうですね。


Dscn5998 ワークショップは終わってしまいましたが、展示は7月2日まで開催しています。貴重な印刷所のビデオや作品、道具など、活版に関する物でいっぱいの空間です。まだ行かれてない方は是非、足を運んでみてください。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »