« イワタ活字工場見学会 | トップページ | 散歩6 活版再生展 »

2007年4月29日 (日)

散歩5 今田印刷所

Dsc03375新富町の今田印刷所を閉められてから約一年。
現在今田さんは八丁堀の印刷所にいらっしゃると聞き、お邪魔しました。

この印刷所では活字での印刷ではなく、樹脂版での活版印刷を主に取り扱っているので、活字は最小限しか取りそろえてないそうです。
活字は中村活字さんのもの。



一年前に印刷所を閉じられる時に、多くを捨ててしまったそうです。今になってもったいないと思うことも多々あるとか。
長年活版に携わってきた今田さんの印刷物に対する眼差しは厳しいだけあり、印刷されるものはどれも綺麗なものばかり。日本では今まで、印刷の圧を抑え、押したかわからないように刷るのが活版の基本。しかし、現在活版を求める人が押されたのがわかる印刷を好むのには、最初とまどいを感じていたそうです。
活版工房で教えるようになってから、色々な意見を聞いて最近は圧を強くすることもあるそうです。
今田さんは現在の印刷所も近く辞められるそうですが、活版の事は今後も活版工房で教えて頂けるそうです。長く伝えていただけたら嬉しいです。


取り扱っているのは主に名刺。
紙が横にスライドするこの印刷機はめずらしいタイプ。
あっという間に横に流れて気が付いたら印刷されています。
Dsc03376
Dsc03377


調合したインクの色。次も同じ色が出せるようにこうして残している。
少数を印刷するときは手きんを使用。
Dsc03384
Dsc03383

※今回は会社名などの記載を控えています。

|

« イワタ活字工場見学会 | トップページ | 散歩6 活版再生展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イワタ活字工場見学会 | トップページ | 散歩6 活版再生展 »