« 活版工房第2回を終えて | トップページ | 宋朝体を組む »

2007年4月18日 (水)

散歩4 日本名刺印刷センター

Dscn5824 東京メトロの日比谷線/東西線、「茅場町」3番出口横の蕎麦屋を入って少し行くと、気を付けて見ないと通り過ぎてしまう小さな活版屋さんがあります(私は思いっきり通り過ぎました)

小さなこの空間は、機能的かつ魅力的でまるでコクピット。
そこに流れるラジオからのクラシックと杉田さんがまたかっこいい!

杉田さんは現在73歳。同年代の方々が次々店を閉じられるのを寂しく感じながらも、大好きな活版印刷を営んでいます。名刺とハガキなどが主で、営業は午後13時頃まで。
また、「僕は趣味だからね」と出てくるコレクションのような活字の数々。
こだわりと活字に対する情熱がこもった印刷物はとても美しいのです。



Dscn5808 「正楷書体の18ptでウチでない文字はないよ」という品揃えに続き、「色の調合と酒の調合も上手いんだ」とお酒と旅好きの杉田さんは洒落っ気たっぷり(棚の隙間に酒瓶がチラリ)。30、40年後に自分もこんなステキな大人に(今も大人だけど)なれるだろうか。
人も活字も魅力ある活版家の作る名刺を、手に取ってみませんか。



隙間があれば、活字が置いてあるほどギッシリ。
奥にある印刷機は自動。名刺を吸盤のように吸い付け一枚づつさして印刷します。

Dscn5813_1    
Dscn5815



名刺などでよく使う6ptの書体。細かいけどキレイ。
今や貴重なものとなった木の活字。これは近くの石黒木版で彫られた物。
Dscn5789
Dscn5805


Dscn5796_1 日本名刺印刷センター

名刺/はがき/挨拶状/封筒などの活字での印刷
東京メトロ日比谷線/東西線「茅場町」3番出口徒歩1分
※営業時間は日によって違うので、必ず電話をしてくださいTEL : 03-3666-2769




|

« 活版工房第2回を終えて | トップページ | 宋朝体を組む »

コメント

ぜひ訪ねてみたいです。

投稿: 三上 | 2008年3月 2日 (日) 00時25分

杉田さんは現在活版工房の先生としても活躍中です。是非東京にお寄りの際は訪ねてみてください。

投稿: luftkatze | 2008年3月 2日 (日) 01時24分

突然のメールで、失礼ながら、申し訳ございません。
初めまして、大連TR科技有限会社の営業担当で、王哲と申します。

現在世界中の不景気の風が徐々に強くなってきていますが、
視点を変えてみると、不景気こそ新しい取引に出会うチャンスタイムだと思います。
お互いに利益をもたらすように、日本提携パートナーを探しております。

先ほどネットワークで御社のホームページを拝見致しました。
まず、弊社について簡単にご紹介させて頂きます。
弊社主な事業内容は写真画像切り抜き、名刺、封筒、伝票等作成、CAD & 3DMAX製図、
ソフト開発、データ入力、処理等です。

弊社は低価格・高品質・短納期で自慢です。

1.低価格
激安!写真切り抜きサービスを提供いたします!
●画像切り抜き(昼夜)  内容の簡単さによって1点 10円から
 
2分以内 4分以内 10分以内 20分以内 30分以内
10円/1点(税抜) 20円/1点(税抜) 40円/1点(税抜) 110円/1点(税抜) 400円/1点(税抜)

●名刺封筒作成(版下製作、ロゴトレース) 1点220円(一律) 

2.高品質
弊社スタッフは十分な経験を持ち、
お客様からのご要望に合わせて、敏速に対応できるよう努めています。

3.短納期・納期厳守
弊社では、優秀なスタッフが約100名在籍しているうえ、社員寮と現場は同じビルにあるから、交替で24時間対応出来て、お客様からのご要望に合わせて、納期を厳守しております。

詳しい事業内容は弊社のホームページに記載しておりますので、御多忙の中、
ざっと目を通して頂ければ、幸甚に存じます。(http://www.daliannice.com)
御社とのご協力とご来訪も楽しみにしております。

以上でございますが、何か御座いましたら、いつでもお気軽に御連絡くださいませ。

投稿: 王哲(おうてつ) | 2009年8月31日 (月) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 活版工房第2回を終えて | トップページ | 宋朝体を組む »